賃貸

宅地建物取引業法という法律で重要事項説明が決められています。重要事項説明とは、賃貸契約をする際に不動産会社が借りる人に対して、物件の構造や設備などに関する重要なことを説明しなければいけないという義務です。

トラブルを防ぐために口頭だけでなく、契約書などの書面に記入してもらうと良いでしょう。

インターネットで賃貸物件を検索する場合、まず住みたいエリアを検索し、家賃の上限や下限、間取り、マンションか戸建てかなどの建物の種類や築年数、最寄駅からの時間などを指定しましょう。

その後、バスやトイレは別が良いかとかオートロック、フローリング、駐車場付、ペット相談可など細かい条件を指定して検索しましょう。検索結果で、自分の希望にあった物件があれば不動産に問い合わせしてみましょう。

更新日-2011年12月14日

おすすめ