緞通(だんつう)

床用の敷物のうち手織りの高級なものをだんつうとよぶ。
中国語のタンツ(毯子)から出た語である。

地糸に指先でひと目ひと目毛を結び付けたあと、刃物で切りそろえて立毛(りつもう)にするので、きわめて手のこんだ織物である。

これを織るには竪機(たてばた)を使う。
(Yahoo百科事典より抜粋)

緞通とは、手織りカーペットの一つで、綿やジュートの経糸にパイルを、1本1本手で結びつけて織ったカーペットのことを言います。

緞通は、パイルが密で、粒数が多いほど、手間がかかるが高価で、耐摩耗性、耐久性、耐候性、弾力性に優れると言う特徴があります。

緞通には、「トルコ緞通」、「ペルシャ緞通」、「中国緞通」などの種類があり、日本では、「堺緞通」、「山形緞通」、「鍋島緞通」などの種類があります。
(インテリア用語辞典より抜粋)